<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白いメシと山菜と | main | Cheer up! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | 【 - 】
I Don`t Know
BaBe/I Don`t Know

 なんでまたこんな太古の曲のことを書き出したのかについては、少々の説明を要する。
 Wink前の「踊れるアイドル2人組」ということになると、超古代の、かのピンクレディーになってしまうのかもしれないが、このBaBe(ベイブ)のことをスキップすると、後のことがわかりにくくなると思う。別に、わかんなくたって、なーんの問題もないんだけどさ。
 BaBeから、その踊りの質が完全に異なる場所に行ってしまったとしか思えない。かのWinkの場合は、あまりにも「踊れなかった」ので、その質の変容を認識することが容易ではなかったと考えられるのだが、両者ともに「ちょっとヘン」だった。ピンクレディーやキャンディーズぐらいまでは、まだ古典的様式を残しており、一般に言われるほど、「めんくらう」類のものではなかったと思う。それでも、もちろんその新しさは新しさであり、ルネサンスとまでは言わないが、昭和歌謡史になにものかを残すだけの力のある「踊り」だったのだと思う。
 ところが、BaBeは違うんだ。
 誤解されるのを承知で書いてしまうが、あまりにマニエリスティックなダンスだった。このマニエリスティックなカンジは、1990年にBaBeが二階堂ゆかりの妊娠・結婚で解散し(とある番組で、石橋貴明が「焼酎みてえな名前しやがって」と言ったのが妙に記憶に残っている)、そしてWinkへと引き継がれていくのではあるが、Winkの場合は彼女たちの「踊れなさ」が、別な方向性を生んだように思う。後期Winkは、どこかバロック性を帯びているようにすら感じられる。
 
 うわあ、意味わかんねーコトばっか書いちまったなあ。もっとわかりやすくしましょうかね。
 当時、BaBeの振り付けやってたのが、香瑠鼓(かおるこ)という人で、その後Winkの振り付けをやったのも、この人なのであった。
 
 そんでもって、なんでまたこんなことを書いているのかというと、新垣結衣のポッキーCMの振り付けをやっているのが、彼女なのでありました。
 みんなで踊ろう!香瑠鼓さんのポッキーダンス | Pocky Street
というページがあって、そこで、ポッキーダンスを学習することができます。
 いや、ばかにしてくれてかまわんけど、マジ一所懸命見てるもんね、このページ。
 ルネサンスとか、マニエリスムとか、バロックとか、そんなのぶち越えて、このダンスには何かがあると思っちまったんだもん。仕方ねえずら。
 
 ポッキーCF見てて、「このコなんで、こんなに、かーいいんだろう?」と思ってしまったところから始まったことでした。ああそうかあ、かーいらしく見せる、そういう踊りを踊ってんだあ、と認識するまでにちょっとだけ時間がかかりました。
 たぶんそれは、太古の記憶をも刺激し、何かを思い出させてくれるものだったんだと思います。
13:58comments(0)trackbacks(2)musik
スポンサーサイト
13:58 | - | - | 【 - 】
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
 http://marianas.jugem.jp/trackback/146
 トラックバック
新垣結衣さん出演のCM、グリコポッキーの公式サイト。ポッキーCM「DANCE DANCE篇」と、ポッキー極細CM「はじける極細篇」を公開中。そのほか、グリコポッキーサイトでは、新垣結衣さんのニューイヤーメッセージ動画も。
| 新垣結衣情報館 | 2007/01/10 12:05 AM |
ピンク・レディーピンク・レディーは、1970年代後半、日本で最も人気のあった歌手、アイドルユニット。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけた。ミー(現: 未唯、本名: 根本美鶴代、1958年3月9日 - 、A型、静岡県静岡市葵区
| namiのブログ | 2007/02/15 9:56 AM |