<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ところてん | main | グレート・ギャツビー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | 【 - 】
Live Version
 これはたぶん、誰も知らなくて構わないことなのだと確信があるのだが、その昔、いやまあほーんとに昔、CoCoという女性ぐるーぷがいた。もちろん「カレーハウスCoCo壱番屋」ではありません。
 フジのテレビ番組の企画モノの「乙女塾」だったっけかな、そういうのから選ばれた女5人組のアイドルグループだった。乙女塾2期生の「三浦理恵子」と「瀬能あづさ」が事実上のヴォーカルであって、まあ、SPEEDのあの二人みたいなもんですよ。特に 「瀬能あづさ」の歌唱力は、「うわあ、このチームにはもったいないなあぁ」とか思っていたら、退団しちゃった。
 だから、CoCoというのは基本的には
宮前真樹
羽田惠理香
大野幹代
三浦理恵子
 この4人ということになってるらしいのだが、 「瀬能あづさ」が抜けた穴は回復不可能だったのだと思う。ジツハ「三浦理恵子」の声は、とてもすばらしく響く。いまだに感心する。いかにも印象的な声なのだが、メインを張る類の声ではなかったのだろうと思う。
 
 その年は1992年だった。彼女たちは「春はCoCoから」というツアーをやった。
 そのツアー最終公演「武道館SPECIAL」をもって瀬能は、CoCoをやめた。
 とんでもなくすばらしいコンサートだったと思う。
 もう、バカみたいにそのビデオを繰り返し繰り返し観た。
 莫迦もいい加減にしろ、というくらい、けっこうソラで唄える。
 
 ふつう彼女たちは、コンサートの最初に『Live Version』という曲を歌う。
ごらん始まるよ 待ち焦がれた ダンスヴァージョン
時に忘れ 見失った 熱いビート
それは一度だけ 叶えられる ダンスヴァージョン
信じて Lonely Boys & Lonely Girls

 シングルCD(ちっちゃいやつね)買っちゃったもん。
 いまだに聴いてるし。
01:03comments(0)trackbacks(0)musik
スポンサーサイト
01:03 | - | - | 【 - 】
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
 http://marianas.jugem.jp/trackback/248
 トラックバック